読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買った物13

f:id:fukunokoto:20170423202646j:image

mont-bellのロゴTシャツを買いました。

 

知り合いに誘われてはじめてボルダリングジムに行ったら楽しくて、ボルダリング用に購入。

 

機能的っぽい素材とシンプルなデザインがナイス。

 

値段は2000円ちょっと。

 

調子良かったらネイビーも買います。

買った物12

f:id:fukunokoto:20170417203612j:image

はい、衝動買いです。

 

ヤフオクで着ない服をバシバシ売ってましたが、出品もひと段落。

 

最近気になってるアノラックをヤフオクで検索してみたら、tilakのodin ventile jacketが2万即決で出品されてるじゃないですか。

 

速攻落札してしまいました。

 

そして本日到着。

 

状態、サイズ共に問題なし。

 

着てみたら良いかんじ。

 

ジップ多めでがちゃがちゃしてるんだけど全体は不思議と洗練された雰囲気。

 

さすがエロルソン・ヒューのデザイン。

 

f:id:fukunokoto:20170417203644j:image

 

腕の字体までかっこいい。

 

アノラックは着るだけで洒落た雰囲気を出せるから、短いスラックスとJ.M.WESTONのGolfを履いたらコーディネート終了。

 

ポケットの収納力がめっちゃあるから鞄いらずだし、素材はベンタイルコットンだから劣化を気にせずヘビロテできる。

 

デザイン良し、コーディネート楽、タフ(多分)の三拍子揃った良いアウターです。

 

今年はこれをヘビロテする予定だけど、暖かくなってきたのでとりあえずクリーニングに出して秋までクローゼットに封印します。

買った物11

f:id:fukunokoto:20170415203154j:image

YAECAのコンフォートシャツを買いました。

 

時々買い物するお店のメンバーセールで20%オフでした。

 

定番の服が安く手に入って嬉しい。

 

これから夏以外の服装を白いシャツにスラックスで固定して、アウターと靴だけ変える人になろうかと思ってます。

 

白いシャツならARC'TERYXのジャケットにもMUYAのコートにもいけるし、春秋は1枚でも大丈夫。

 

気がつけばどっぷり30代。

 

おじさんになっていくのは避けられないけど、身なりくらいはクリーンさを保ちたい。

 

クリーンな服といえばということで白いシャツ。

 

もう1枚くらい欲しいから、無印良品、ノースフェイススタンダード、コムデギャルソンシャツ、マーガレット・ハウエル辺りを試着してみよう。

 

 

騎士団長殺し

f:id:fukunokoto:20170410222333j:image

年度末のバタバタを無事乗り越え、お休みをいただいたので二泊三日で沖縄に来てます。

 

ホテルはあまみく。

 

ひたすらゆっくりが目的なのでホテル滞在がメインで、出かけるのはやちむんの里に器を買いに行くぐらいです。

 

持って来た服はPRO-TAGのTシャツ3枚とノースフェイスのリラックスパンツ。スニーカーはvansだけ。

 

服装もリラックス。

 

3日目同じ格好。

 

コーディネートなんか考えません。

 

息子が寝た後に波の音でも聴きながら本読みたいな、と思って空港で買った村上春樹さんの新刊。

 

f:id:fukunokoto:20170410222403j:image

 

すごく面白い。

 

村上春樹さんの本は物語がおもしろいのはもちろんだけど、毎回着ている服に関する細かい説明が入るのが好き。

 

今回も序盤から、

 

『あとになってドライブインの洗面所で、全身鏡の前に立って判明したことだが、私は仕事用のセーターに、派手なオレンジ色のダウン・ジャケット、ブルージーンズ、ワークブーツという格好だ った。頭には古い毛糸の帽子を被っていた。ところどころほつれた丸首のグリーンのセーターには、白い絵の具のしみがついていた。着ているものの中ではブルージーンズだけが新品で、その鮮やかな青さがいやに目立った。全体としてはかなり乱雑な格好だが、異様というほどではなかった。後悔したのは、マフラーを忘れてきたことくらいだった。』

 

とか、着てる服の説明が細かすぎて最高。

 

上巻はすぐに読んでしまったので、帰りの空港では下巻を買って帰ろう。

 

 

断捨離

私服を着るのは週に2回だけだから、気に入らない服は着たくない。

 

お気に入り以外の服をメルカリとヤフオクで売りまくったらクローゼットがかなりすっきりしました。

 

最近買った服もサイズ感が微妙だったり、妻ウケが悪いのは手放しました。

 

売ったお金で山と道のパンツと旅行用にサングラスを買おう。

 

気に入らない服を5着売って、そのお金で服を1着買うと、クローゼットがすごい洗練されたような気分になります。

 

だけどその1着もいつかは気に入らない服になって処分して、また買って…

 

どんどんお洒落になってるのか、堂々巡りしてるだけなのかわからないけど、次は何を買おうかな?って考えてる時が割と楽しい時間です。

買った物10

f:id:fukunokoto:20170327222948j:image

MUJI Laboのデニムを買いました。

 

就職したての時に狂ったように買ってたミスターハリウッドの尾花大輔さんデザインの新生MUJI Labo

 

f:id:fukunokoto:20170327223001j:image

 

あんまり人気がないのか、けっこう売れ残ってました。

 

アジの出る服が苦手でそんな服の中でも特に敬遠してたのがデニム。

 

アタリとかハチノスとか言われても良さが全然わからない。

 

なんか汚くない?

 

だけどJ.M.WESTONに合わせるパンツを考えた時にやっぱりデニムが合うのか??となり、お手頃価格のこれを試しに買ってみました。

 

f:id:fukunokoto:20170327223035j:image

 

大きめサイズを選んで裾は短めにカット。いつものバランス。

 

履きなれないのでまだ違和感しかないけどそのうち慣れるかな。

 

まぁこの値段だったら失敗してもOKです。

 

 

 

 

20代のボクらが欲しいもの

松浦弥太郎さんの日々の100とか、ソニアパークさんのショッピングマニュアルとかモノ紹介系の本が大好きです。

 

だけど、この2人の紹介するモノはなかなかそのまま買いたい!って服は少なくて、読み物としてはいいけど買い物の参考にはあんまりならず。

 

GINZAの付録のスタンダード・ハンドブックがモノ紹介本では最強だなーと思ってましたが、それを遙に凌駕する最高なヤツ出ちゃいました。

 

f:id:fukunokoto:20170320233546j:image

 

20代のボクらが欲しいもの。

 

30代ですが欲しい物だらけで物欲が大変。

 

DIGAWELの財布とアンデルセン-アンデルセンのニットはこれを読んで買う物リスト入りしました。

 

スタンダードブックストアで立ち読みできない状態で棚に置いてあって、表紙とタイトルで買ってみたけど大正解。

 

いやーいい本だ。